環境の取組み

環境方針

私たちは、地球環境汚染問題の重要性を認識し、JR西日本と連携を密にして環境保全活動に取組み、持続的発展が可能な社会の実現に貢献します。

  • 1. 私たちは、法令を遵守するとともに、高い環境意識を持って環境レベルの一層の向上に貢献します。
  • 2. 私たちは、電気、水、油及び洗剤等の効率的な使用を図り、省エネ・省資源化を推進します。
  • 3. 私たちは、廃棄物の分別を徹底し、リサイクル化と廃棄物削減に取組みます。
  • 4. 私たちは、環境汚染物質の保管・管理を厳正に行い、使用量の削減と代替品への転換を推進して環境汚染防止に万全を期します。

JR西日本リネンでは平成20年に環境管理委員会を設置し、工場での環境対策を中心にして環境負荷を減らすための省エネルギー化推進等の施策を実行しています。

○省エネルギーの取組み

①機器の取替え
機器の取替えに際しては、能力向上とともに省エネタイプの導入を推進しています。
②CO2削減の取組み(目標年度2015年度)
事業活動を通じた生産1kg当たりのCO2平均排出量を2008年度比12%削減を目指します。また、業務平準化の推進によりエネルギー使用量削減を継続します。
一方配送関係では車両のルート見直しによる効率、経済的な運転の推進や一部アイドリングストップ車両の配備等を進めています。
③改善活動の取組み
平成27年度は上記の省エネルギーの取組みと併せて3M(ムリ・ムダ・ムラ)改善運動を新規に展開して業務の効率化を目指しています。
環境関係諸法令や各県市等の環境条例を遵守し、大気汚染や水資源の汚染防止に努めるとともに社内においても年2回環境管理委員会を開催、環境意識の高揚を図ります。
省エネルギーの取組み

○環境基準の遵守

工場ではボイラー等の点検検査やばい煙測定検査を定期的に実施、適切な運用管理の実施により環境基準を遵守しています。また、排水については処理施設の水質・濃度検査を定期的に実施するとともに一部真水化による洗剤使用も分解性の高い成分から使用する等、環境保全に務めています。

○資源循環の取組み

廃用リネン類の再利用化に積極的に取組んでいます。

排水処理施設

○今後の方針

新たな環境目標を設定、その達成に向け新しい機器の投入や技術の開発及び従業員全員の「考動エコ」の取組み推進により、省エネルギー・省資源に務めて一層地球環境保護に取組みます。